陰部 黒ずみ 解消

美白成分のひとつであるトラネキサム酸とは?

肌荒れやアレルギーを抑え、また血を止める働きもするトラネキサム酸は、
人の手で作られたアミノ酸で、医薬部外品のものです。
しかし以前より薬として蕁麻疹を治す際、そして血を止める際に、病院でよく使用されています。

 

また、ビタミンCを含んだ薬と共に摂れば、シミの一種で消すのが難しい「肝斑」を軽減する効果も持ちます。

 

体の外から使用するトラネキサム酸は以前からありましたが、トラネキサム酸の
飲む薬ができてからは、上記のようなトラネキサム酸の、肌を白く美しくする効果が
関心を寄せられるようになりました。

 

 

肌を白くきれいにするトラネキサム酸

陰部の黒ずみの原因は、過剰にできてしまったメラニンが、肌に溜まってしまうことにあります。
「抗プラスミン作用」があるトラネキサム酸は、ここに働きかけます。

 

メラノサイトは、肌が紫外線を浴びて刺激を受けたときに、
メラニンを作り出しなさいという発令を受けます。

 

すると、「プロスタグランジン」と呼ばれる成分がシミを作り出してしまうのですが、
この成分が伝わるのを阻止する働きを担うのが、トラネキサム酸なのです。
これによって、過剰なメラニンが作り出されないようになります。

 

そのうえトラネキサム酸が効果を発揮するのは、このように新しくできる黒ずみだけ
ではありません。すでにできてしまった黒ずみをも軽減してくれるのです。

 

 

もちろん外用のトラネキサム酸にも優れた効果が

効き目があるのは飲むトラネキサム酸だけじゃないの?と思う人もいるでしょう。
陰部の黒ずみの改善効果は、もちろん外用のトラネキサム酸にもあります。

 

アミノ酸の一種でありトラネキサム酸の誘導体である「m−トラネキサム酸」と
呼ばれる物質がありますが、外用薬に配合されているトラネキサム酸の多くは
こちらです。もちろん作用はトラネキサム酸と同じです。

 

この「m−トラネキサム酸」も、厚生労働省からもすでに認められており、
陰部の肌を白くする作用はお墨付きです。