陰部 黒ずみ 解消

陰部の黒ずみ改善に有名なハイドロキノン

バストや陰部の黒ずみを、たちまち改善してくれる効果を持つ
ハイドロキノンですが、不安要素は副作用が出るかもしれないということです。

 

 

不安要素はあるが、ハイリターンなのが特徴

メラノサイトは、メラニンを作り出す細胞ですが、これを少なくして、黒ずみを改善するのがハイドロキノンです。

 

なんと「肌の漂白剤」と言われるほど白くする効果は高いのですが、逆に黒ずみを
悪化させる要因にもなり兼ねない面があるので、使い方はきっちりと守らなければなりません。
大切なのは、白くする効能と同時に、潤いを守ってくれる効能を併せ持つクリームを用いることです。

 

 

高いホワイトニング効果

先述の通り、肌を白くする効果が高く、同じような効能を持つ成分で
よく名前を聞くプラセンタの100倍の働きをするとも言われているハイドロキノン。

 

ですが、白くしたいからと言って、むやみやたらに、刺激を受けやすい部分である
バスト、陰部、お尻などに使用するのは厳禁です。

 

 

特に要注意なのがデリケートゾーンへの使用

なぜハイドロキノンを上記のような体の部分に使用してはいけないのでしょうか。
以下の3つがその答えです。

 

1. 高いダメージが肌にかかる
やはりハイドロキノンは、肌へ与えるダメージが大きいことが挙げられます。
優れた効果を得るには、肌の扱いに慣れたプロの人に使用を任せるのがお勧めです。

 

2. 危険度は濃さに比例する
濃度が5%を超えたハイドロキノンは使用しないでください。
なぜなら、濃すぎるものは、肌に白く斑点が残るほど文字通り肌をブリーチ
してしまい、黒ずみ以上の問題になってしまう危険性があるからです。

 

3. 発ガン性の疑いがぬぐえない
動物テストから、ハイドロキノンは白血病や癌の原因になるかもしれないということがわかっています。

 

 

これは、5%濃度の25gのハイドロキノンを毎日摂らせた際の動物テスト結果です。
対人の場合も安全基準が5%と定められている理由はこのテストによるものですが、
人に対してもこの結果を当てはめられるのかは、未だ定かではないのが現状です。
陰部 黒ずみ 対策